リトルジャックオーケストラ
   活動レポート



当団の練習や演奏会の活動風景をお伝えします。 どなたでもご自由にコメントが出来ますが、万一、当団で問題があると判断した場合は、前後のコメントを含めて削除する場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら


2010年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事
熱い! 暑い・・・。 熱い!!
本番のホールで練習だぞ!の巻
まごころを込めて
今年のリトルは、FF4の夏♪
もっと良い演奏を
サガの夏 クリムゾンフレアの夏
我々はこの陣形で戦う!
熱い夏の暑いイトケン祭り
癒しのひととき
テンポのお話とか。

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

2016年 8月
2016年 7月
2015年 8月
2015年 7月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2012年 8月
2012年 7月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 4月
2006年 1月
2005年 7月
2005年 1月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月

本日   4
昨日   6
累計   58711
ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。





ログイン
保存


トップページ
2010年10月

楽譜作成部隊「らいぶら隊」
こんにちは!
今回はひろひろ@Tubaが活動レポートをお送り致します。
私が過去に書いたレポートが2003年12月以来の執筆で、およそ7年振りになります。(まだ学生だった...!)
もうそんなに月日が経ったのか...と思いましたが、今でも当時とゲーム音楽を演奏する気持ちは変わってないです(笑)


さてさて、演奏会まで後半月となりました。秋はもう終わったんじゃないかってくらい最近一気に寒くなりましたが、
団員のボルテージは寒さが吹っ飛ぶくらいアツイ練習を毎週行っている最中であります。

今回は、過去の日記で度々出てくる「らいぶら隊」について説明とTuba目線のレポートを致します!

「らいぶら」とは、「ライブラリアン=楽譜を管理する人」と、FFの「ライブラ」の魔法からの由来で命名しました。
(全然かけてないですねw)
私はらいぶら隊発起人で、過去の演奏会から編曲を手掛けてきた一人です。

ゲーム音楽の楽譜は、『既存譜のオケや吹奏楽の譜面が殆ど無い』というのが現状なので、
毎回演奏会の曲目を決めた後、数人がゲームから耳コピしたりして楽譜に起こしています。
ゲーム音楽を演奏するにあたり、実際に人が生の楽器を使って演奏することを想定して作られていないものを
どうやって演奏できるようにアレンジするかというのも、試行錯誤を何度も繰り返して仕上げていきます。
演奏会ギリギリまでバランスをとったり変更しているので、団員の皆さんには迷惑掛けてますが、
いい譜面作るよう努力していきますので宜しくお願いしますm(__)m


今回の「クロノトリガー」は、フラットやシャープが付く曲が多いため、
アレンジの段階で調性を演奏しやすい調に直して作ってみたのですが、
どうも世界観と合わずにしっくり来ませんでした(^_^;)
リトルは今まで原調かつ原曲を再現して演奏するスタイルにこだわりを持っているので、
今回もこのスタイルでいくべく、楽譜を作成しました。
その点もお楽しみ頂けたらと思っております。1部で演奏するDQ1とクロノの音楽の対比も今回の醍醐味です!


DQ1の勇者は、仲間を連れずに一人で旅をするので、
「自分」と「相手」(街の人や時にはモンスター)との対話や戦闘シーンに合わせて音楽も作られたと感じています。
オーケストラではメロディーとベースラインが大半を占めるので、とてもシンプルな曲調です。
でも実はシンプルであればあるほど、音楽を作っていくのが大変なんです。
1つのメロディーを大人数で弾いたり吹いたりするので、今まで以上に「合わせる」ことに気を配らなくてはならないため、
毎回合奏では一つ一つ音程を確認して練習しています。
時には厳しい指摘も受けますが、合った時の音は音量が大きくなくても会場をフワーっと包み込む感覚に覆われます。
それがたまらなく気持ちいいです(笑)
DQ1のTubaの出番は全曲の半分しか無いため、その間ずっと見守ってますww

クロノはDQに比べたくさん出番があります。特に戦闘曲のゲーム音楽の低音パートは息が持たなくてきつい(>_<)!!
毎回の苦労ですが、これがまたたまらないんですww
オーケストラに普段出てこない楽器もたくさん使用しますので、期待してくださいね^^


長くなってしまったので今回はこの辺で締めます。

DQ1やクロノをプレイされてない方、まだクリアまで間に合うと思いますので、是非頑張って進めてみてください!!
後2週間、演奏会に向けて一生懸命練習に励んでいきたいと思っております。

ご一読ありがとうございました。

投稿者:ひろひろ@Tuba | 09:15, Saturday, Oct 30, 2010 ¦ 固定リンク


本日からチケット発売します!!
こんにちは♪
ピアノを担当しております、のんと申します。

ついに、一か月前を切ってしまいました(汗)
お尻に火が付いているのは私だけではないはず!
頑張るぞ!!

10月10日、この日の合奏は団員のマリオさん(ホルン)前半指揮、
ひろひろさん(チューバ)後半指揮、金管トレーナーの神林先生指導
のもと行われました。

前半はドラクエ・後半はクロノをやりました。
今回のドラクエにはピアノは編成の中に入っていないので、
マリオJr.君(マリオさんの息子さん)と見学しました。
この日のドラクエは、
「竜王」、「戦闘」、「序曲」。
「竜王」は八分音符のきざみが重要な曲です。テンポがだれないように
、そして低音の音程をもっと合わせるように指導していただきました。
「戦闘」の冒頭部分はホルンのグリッサンドと弦のアルペジオがかっこ
いいですね。次の弦の入りのスピード感や、3連符の所で遅くならない
ように細かくさらいました。
そしてドラクエと言えば「序曲」ですが、今回はまた一段と難しそうで
す。しかし、この曲もかっこいいですよ!こうご期待☆

後半のクロノからは「魔王決戦」、「エピローグ」です。
クロノはピアノも活躍しますので、意気揚揚と参戦!
「魔王決戦」はオリジナリティあふれる編曲にも注目です。
コーダからを重点的に、音一つ一つの長さ、メロディーと伴奏の
バランス等々、精度を高めていく内容でした。
そして、キターーーーーーーーーーーーー!!!!
「エピローグ」
この曲は、わたくし、ど頭から責任重大であります。
しかし、コンマスと歌い方やテンポ感を合わせる難しさをひしひしと
痛感する一曲でもあります。

上記の曲の他にも、魅力的な曲目のプログラムになっておりますので、
どうぞ皆様、聴きにいらしてください☆
投稿者:のん@Pf | 00:00, Sunday, Oct 17, 2010 ¦ 固定リンク


打楽器と特殊楽器・・・?
さてさて大分涼しくなってきた今日この頃いかがお過ごしでしょうか。
今回はふちょう@フルートが活動レポートをお送りします。

9月の某週末、リトルは毎年恒例の夏合宿があった訳なのですがー。
長時間の練習=通し練習=たくさんの曲が聞ける!
と内心ウハウハな訳です。
演奏する身ではありますが、ゲーム音楽大好きっ子な自分は聴くのもめちゃくちゃ楽しみ。
休みの小節は演奏を聴きながら、こっそりクロノの情景を思い出しているのであります。



フルートパートではありますが、今回は気になるパートのお話を。
この日の練習には今まであまり一緒に練習する機会のなかった打楽器チームが勢ぞろい。

みなさんも毎年見られているかと思いますが、リトルの打楽器チーム陣はすごい。
何がすごいってなんかもー色々すごいw
あんな楽器なんであるんだー!?というのがぽんぽん出てきます。
そんないっぱいの楽器をたった数人で演奏するとか・・・。
振り分け大変なんだろうなーと思いつつ、様々なリズムパートが聞こえてくるたびに後ろをチラ見。
本番は後ろを振り向くことができないので、練習の時に堪能します。

それとこの日の練習には残念ながらいなかったのですが・・・
今回のクロノトリガーでは今までにない新しい楽器が登場します!特殊楽器なのかどうなのか。
曲目を言っちゃうと楽器が想像できてしまう人もいるかもしれないのであえて伏せておきますが、
なんでその楽器買ったんだ!?と団員の誰もが思ったでしょう・・・。
でもすんごいいい音がします。クロノ好きな自分としては本気で涙出そうでした。
演奏会当日はこの楽器の見た目と、その音で驚きと感動を皆様に!いやまじすごいですから!


本番が近づくにつれて、それぞれのセクションの音がまとまって来ているのをひしひしと感じ、
「ああもうすぐ本番なんだなー・・・」と思わせられます。
演奏会も近づいてきましたが、皆様はクロノはクリア済みでしょうか?
クリアした人も、まだの人も楽しめるような演奏をできるように頑張ります!
投稿者:ふちょう@Fl | 20:50, Thursday, Oct 07, 2010 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ


ブロキュー