リトルジャックオーケストラ
   活動レポート



当団の練習や演奏会の活動風景をお伝えします。 どなたでもご自由にコメントが出来ますが、万一、当団で問題があると判断した場合は、前後のコメントを含めて削除する場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら


2013年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
原曲再現への拘り!特殊楽器と特 ..
演奏会のネタバレ!(木管目線)
らいぶら隊の視点から〜編曲の趣 ..
らいぶら隊の視点から〜クロノ・ ..
あと1か月!
熱い! 暑い・・・。 熱い!!
本番のホールで練習だぞ!の巻
まごころを込めて
今年のリトルは、FF4の夏♪
もっと良い演奏を

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

2017年10月
2017年 9月
2017年 7月
2016年 8月
2016年 7月
2015年 8月
2015年 7月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2012年 8月
2012年 7月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 4月
2006年 1月
2005年 7月
2005年 1月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月

本日   1
昨日   5
累計   60045
ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。





ログイン
保存


トップページ
2013年 8月

歌の魔法

こんにちは!連日猛暑が続いて溶けそうです…
この暑さをFF9のキャラクターのセリフを引用して物申したいです。

「あっついやんけクポー!」

そんなわけで今回のレポートはちゅな@Vcが担当します。
今回の練習はいつもと一味違ってCCMさん、そしてゲストボーカルの白鳥英美子さんをお迎えしての歌合せを行いました。

平日練習にもかかわらず、集合時間にはほどんどの団員が集まり白鳥さんとの歌合せを心待ちにしていたようでした。
白鳥さんがいらっしゃる前にはオーケストラと合唱の打ち合せを行っていました。
先生が振り始めてしばらくたった後に白鳥さんと白鳥さんの所属事務所の方々がいらっしゃり、ご挨拶に伺ったため「コンマス任せた!」と言って「ちょ、まっ…」と言いたげなコンマスを置いて颯爽と合奏場を出ていきました。

打ち合せが終わった後、休憩兼個人練習の時間となりました。歌合せに向けて各自休憩や指廻しをしていましたが、ドラムセットが破滅への使者のリズムを刻み始めると一人、また一人とリズムに合わせて弾き始め、挙句の果てには合奏場に残っていたほぼ全員でラストバトルまで弾き続けるという事態になりました。どうしてこうなった…

休憩兼個人練習時間が終わった後はお待ちかねの白鳥さんとの歌合せの時間となりました。
練習が始まる前に白鳥さんは軽く発声練習をされてましたが、それでさえも白鳥さんのお声の魅力が十分に感じられました。

白鳥さんの準備が整ったところでMelodies of Lifeの歌合せがはじまりました。
歌いだしの「あてもなく」の「あ」を聞いただけでも
「ほ、本物だー!」(←当たり前)と心の中で目からリヴァイアサンが召喚されました。
チェロはイントロを弾いた後に長い休みが入るのですが、白鳥さんの美しい歌声に魅了されてしまい入りそびれt…そうになりましたがどうにか入ることができました。

自分のパートの出番が来たあとは白鳥さんの歌声にテンションが上がりいつも以上に大げさに弾いていたような気がしました。
歌の伴奏なのでオケが目立ってもダメで、かといってオケが弱くてもダメでとても難しい所です。
白鳥さんの声に寄り添って歌の魔法を引き立てるにはどうすればいいのか…これからの課題になりそうです。
このような貴重な時間を下さった白鳥さん、そして株式会社ウッドグリーン様本当にありがとうございました!

定期演奏会の練習もいうならばラストダンジョンに差し掛かったところです。
次々と襲い掛かる音符に立ち向かい見事にエンディングを迎えられるように
団員一同頑張っていきます!

投稿者:ちゅな@Vc | 21:57, Wednesday, Aug 14, 2013 ¦ 固定リンク


△ページのトップへ


ブロキュー