リトルジャックオーケストラ
   活動レポート



当団の練習や演奏会の活動風景をお伝えします。 どなたでもご自由にコメントが出来ますが、万一、当団で問題があると判断した場合は、前後のコメントを含めて削除する場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら


2015年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事
熱い! 暑い・・・。 熱い!!
本番のホールで練習だぞ!の巻
まごころを込めて
今年のリトルは、FF4の夏♪
もっと良い演奏を
サガの夏 クリムゾンフレアの夏
我々はこの陣形で戦う!
熱い夏の暑いイトケン祭り
癒しのひととき
テンポのお話とか。

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

2016年 8月
2016年 7月
2015年 8月
2015年 7月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2012年 8月
2012年 7月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 4月
2006年 1月
2005年 7月
2005年 1月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月

本日   4
昨日   6
累計   58711
ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。





ログイン
保存


トップページ
2015年 7月

我々はこの陣形で戦う!
みなさんこんにちは。
リトルジャックオーケストラ2ndバイオリンパートのうっちと申します。

さて、いよいよ本番まであと1ヶ月を切りましたね。
リトルジャックオーケストラでは先日、横浜みなとみらいホールにて合奏練習を行いました。

本番と同じホールを使って、音量のバランスや客席での聞こえ方を確認するのがこの練習の目的。
しかし、いざ練習が始まるとなにやら違和感が。
音が埋もれてしまって聞こえないパートがいる・・・。
逆に、音が反響してものすごく増幅されてるパートがいる・・・。

これは、オーケストラの陣形・・・じゃなかった、奏者の配置に問題がある!
という訳で、志村先生主導のもと各奏者の配置がどんどん変更されていきました。

これがなんと想像以上に効果ばつぐん!
奏者の位置や高さが数十センチ変わっただけで音の聞こえ方が全く変わってくるのです!
1時間近くに及ぶ試行錯誤の結果、ついに我々はベストな陣形を編み出すことに成功。
そう、演奏だけでなくステージ上の奏者の配置から、既に我々の戦いは始まっているのです。

本番の陣形も決まりましたし、残り1ヶ月間スパートをかけていきますので、ぜひぜひ8/23(日)はみなとみらいホールでイトケンの音楽を一緒に楽しみましょう!お待ちしております!!

投稿者: | 05:25, Monday, Jul 27, 2015 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


熱い夏の暑いイトケン祭り
こんにちは、フルートのふちょうと申します。

カレンダーを見てみれば本番まで気が付けば二ヶ月無いじゃないですか!
そんな焦りも見え始めた先週の練習では会場に来てみると、おや…どこかで聞いたことのある音が?!

そうです先週はティンパニや鍵盤、ハープ、ドラムセット、ベース等が初めて揃った、本番に近い形での通し練習でした。

馴染みのあるあの戦闘やその戦闘のベースが生で鳴ってる訳です。
更にそれに生ドラムですバスドコドコです。
更にティンパニやハープまで!!
もう合奏が始まる前から大興奮です。

そして指揮者の志村先生が指揮台に立ち、譜面を眺めながら一言。

 「これ…本当に全部やるの…?すごい厚さだよ?」

確かにフルスコアはすごい厚さです。
合奏の方は一部も二部も、それはそれは熱い曲ばかりで志村先生も団員も通し終わるとヘトヘトで息切れ状態です。

団員の中にはロマサガ未プレイの方が現在進行形で一生懸命プレイしておりますが、今までのRPGとは一味違ったシステムのせいかなかなか進めず困っている方もいるようです。キャラによって変わるフリーシナリオは当時では珍しかったのではないでしょうか?

とにかく人数が多いと序盤は装備代・船代がかさんでかさんで…。
エンカウントもランダムではなくシンボルエンカウントのため、画面内を逃げまくっているうちに、いつの間にかたくさんの敵に囲まれていたり…。
そんなこんなで(だいぶ端折りますが)最後の試練を乗り越えて、東の洞窟からラストダンジョンへ向かって行くと、ヤツが居る訳です。

二部の交響組曲「RomancingSa・Ga」ではそんなロマサガの懐かしい世界を余すことなくお届け出来たらなーと思います。
もちろん一部のイトケンサ・ガ−ア・ラ・カルトでも美味しいとこ取りの曲が盛りだくさんです。

余すところなくイトケン祭りな今年の夏の終わりは、是非ともリトルジャックとご一緒しませんか?
投稿者: | 06:43, Saturday, Jul 18, 2015 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


△ページのトップへ


ブロキュー