リトルジャックオーケストラ
   活動レポート



当団の練習や演奏会の活動風景をお伝えします。 どなたでもご自由にコメントが出来ますが、万一、当団で問題があると判断した場合は、前後のコメントを含めて削除する場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら


2007年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事
熱い! 暑い・・・。 熱い!!
本番のホールで練習だぞ!の巻
まごころを込めて
今年のリトルは、FF4の夏♪
もっと良い演奏を
サガの夏 クリムゾンフレアの夏
我々はこの陣形で戦う!
熱い夏の暑いイトケン祭り
癒しのひととき
テンポのお話とか。

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

2016年 8月
2016年 7月
2015年 8月
2015年 7月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2012年 8月
2012年 7月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 4月
2006年 1月
2005年 7月
2005年 1月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月

本日   3
昨日   5
累計   58492
ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。





ログイン
保存


トップページ
2007年 7月

7/22活動レポ
タエ@Cl@レポート書くのは2度目〜?です。

リトルでは本番が近づくと毎週合奏が行われるのですが…
先々週は志村先生の不慮のアクシデントで団員指揮(自分達の問題点を自分達で見つめなおす、良い時間でした!ちぃちゃんGJ☆)、
先週は台風直撃!楽器の移動などがあるので無理は出来ない…と早々に合奏の中止を決定したのですが、関東ではあまり暴れず。。
暴れて欲しかったわけではありませんが、練習場所のキャンセルとか考えるとね……台風、憎らしいっ!

久々の志村先生による指揮で、今まであまりさらってこなかった曲を重点的におこないました。
もう本番まで一月を切ります。
ここにきてコナミ某曲が大きな改良を行ったりしましたが…バランス良く、効果的に聴こえるように。編曲担当のみんなの努力のお陰です!
それに答える為にも譜面に噛り付いているのではなく、音楽的に表情をもたせていく指導に志村先生もなっていきます。

志村先生「僕はDQ4やったのかなり昔なので。ここでピサロはどんな気持ちなの?」

こうなると団員が活気付くのはさすがリトルといったところでしょうか(笑)
「ここはロザリーヒルの塔の中で…」
「そもそもロザリーは…」
「絶望から人間に対しての怒りが…」
「でも6章で…」
「それはネタバレなんじゃ?」
「まだクリアしてないのが悪い(笑)」
とまあ、脱線しがちですが、ゲーム音楽は登場人物達の心情を表したものでもあります。
そういうのを皆で確認しあった後の演奏というのは、ほんとうにガラッと変わるんですよね。
悲しい曲は涙を流しながら、困難で複雑な曲に立ち向かって、お客さんと一緒に大団円を迎えるつもりで頑張ります!

投稿者:タエ@Cl | 22:33, Monday, Jul 30, 2007 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


指揮者の気持ち
志村先生が急遽こられなくなったため この日の練習は 団員指揮で行うことに。
ハーモニーディレクターがあったので このメトロノーム機能=通称 ぴこぴこましーんを使い
テンポの確認をしました

最初はぴこぴこましーんの操作だけ と思って指揮を振らないでいると
「指揮があったほうがわかりやすい」との声が^^;
じゃあ まぁやってみるか と がんばってふることにしたのです!

学生指揮者をやっていた高校時代から早10年(あ。歳がばれるじゃん;_;)
久々に振りましたが・・・ 『ぴこぴこましーん』は 指揮してるほうもきつい!
横で流れるテンポどおりに振るのはほんとに大変です。
尚且つ 演奏を聴き、「今のおかしい」とか「ここ変だ」とか・・・ほんとにたいへんでした。
事前にスコアをよんでないので 降りまちがえるは、だれがなにやってるかつかむまでに一苦労だわで
いつも大量のDQ・コナミのスコアを全部読んで毎回これやってる志村さんに脱帽orz


最初のころは、私もぎこちなかったし・・・なんかうまく距離感がつかめなくて
なにやってるんだろ?って腕振ってるだけか とちょっと思ったり。
でも、少しづつ みんなも演奏に集中してきて 互いに意見を交換したり
パート内で調整し始めたり。そんな中 ピサロの形が見えてきて、
ビオラのたけちゃんと気が合ってきたり(とってもうれしかったのよ☆
他にも自分とコンタクトを取って一緒にきてくれる人がいたり、
振りながら「あ!私と気持ちがあったかも」とか感じた瞬間はやっぱり楽しくて。
指揮者もまた演奏者と一緒に音楽をつくっていくんだったなぁと久しぶりに思い出しました。

演奏する側も大変だけど、同じように指揮者も大変なんだなぁと
でも 一緒に音楽をつくり、奏でるからこそ互いにがんばれるし、
その結果 たのしい って思いたい!
お仕事もあるし やれる範囲は人それぞれ限られてるけど
そんな中 やってる 「趣味」だからこそ マジで取り組み
尚且つ 楽しくやりたいと思っているのは私だけじゃないはずだ!(断言)
これからも 演奏するみんなとも  もちろんマエストロとも
一緒に本気で楽しく音楽かなでていきたいなぁ思った一日でした。


・・・・って気合いれてたのに 翌週は台風接近のため、おやすみでした
たいふうのばかぁぁあ>_<
投稿者:ちぃ@Tp | 01:54, Thursday, Jul 26, 2007 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


怒涛の強化練習
こんにちは。入団してから1年余りのパーカッション担当、ちゃろと申します。

先週の土日は強化練習でした。
土曜日の朝から日曜日のお昼までは各パート練習・分奏が行われ、日曜午後〜夜間に全体合奏という過密スケジュールです。
各々練習したり宿泊したり、色々と盛りだくさんな内容だった事と思いますが、せっかくなので今回は打楽器視点でお送りさせて頂きます。

打楽器はなにしろ手持ち楽器が少ないため、楽器が揃わないと練習ができません。
というわけで、土曜日は練習は行わず、翌日のための楽器をトラックへ積み込む作業をしました。
分奏の時間の合間を縫って来てくれた金管楽器の人達と一緒に、楽器をバラして毛布でくるんで、着々とトラックの中に詰めていきます。

この作業、最初は段取りも手際も悪く、ずいぶん時間がかかったり、最終的にトラックにうまく収まらなくなったり…なんて事が多々ありましたが、最近になってくるとみんなだいぶ慣れて来て、毛布の巻き方も美しいし、積み方もまるでテトリスかのように隙間なくきっちり詰め込まれていきます。
おかげで完成時にはトラックが空き空き状態で、皆しきりに「あれ?なんか足りなくない?」と首をかしげていましたが、ただ単に積み込み技が上手くなっただけでした(笑)

そして日曜日は朝7時過ぎにトラックを運転(私は同乗)し、練習会場へ。
他の楽器の人にも手伝ってもらい、楽器を部屋へ運びこみ、午前はパート練習です。
実はまともに打楽器でパート練習をしたのはリトルでは初めてだったり…。
トレーナーの先生に見て頂きながら、知らない楽器やリズムも色々教えて頂きました。これはコナミのあの曲が楽しそうだ♪

午後からは合奏です。ここでも部屋移動があったため、またまた皆の協力を得て楽器移動です。
エレベーターに入らない大きな楽器は階段での移動です…キツイ(>_<)

合奏では、打楽器のトレーナーさんやトラさんも揃い、ハープも入り、今季初めての全パート揃っての練習です。
やっぱり、人数が増えると違いますね!
実際に音を出してみる事で色々な問題点も浮き上がり、また改善に向けて努力していきます。

ところで打楽器の位置はオーケストラの最後列で、実は絶好のポイントです。
全ての楽器が見渡せるので、ソロなんて弾(吹)こうもんなら、大抵私達の視線の餌食にされます(笑)
でもおかげで息を合わせやすいので、演奏しやすい場所でもあるのです。
ただ、鍵盤楽器の動きの激しい曲は手元を見るので精一杯で、他の人はおろか指揮すらまともに見れないという難題があったりなかったり…。
まぁこれは言い訳に過ぎないので、精進あるのみでございます。

途中夕食休憩を挟みつつもみっちり練習し、あっという間に夜です。やっぱり合奏してると時間が足りない(>_<)
打楽器の出番のある曲が終わったら、同じく出番の終わった金管楽器の方々と一緒に、今度は楽器の片付けです。
行きの積み込みと同じようにバラして、しまって、積み込み、返還場所へ移動し、積み降ろして完了です。
…言うのは簡単ですが、やるのはなかなか大変です…。
ですが皆さんの協力もあり、今回も無事に終わらせる事ができました。
本当にいつも、手伝って下さる方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

今回はやたら打楽器の移動についてばかり書いてしまいましたが、打楽器を使うには運搬という作業が付き物で、その都度大変な陰ながらの努力が必要だという事なのです。
ただ、それを苦と思わないで頑張れるのは、それほど演奏が楽しいからですね^^

今度の定期演奏会でも色々な打楽器を使うので、そんな所にも注目してみて下さい♪
投稿者:ちゃろ@Perc | 01:08, Sunday, Jul 08, 2007 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


△ページのトップへ


ブロキュー