リトルジャックオーケストラ
   活動レポート



当団の練習や演奏会の活動風景をお伝えします。 どなたでもご自由にコメントが出来ますが、万一、当団で問題があると判断した場合は、前後のコメントを含めて削除する場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら


2022年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27
28
29 30 31        

最近の記事
演奏曲目全曲公開します!!
2019年度合宿レポート
壱番魔晄炉爆破!?
編曲方針や作成に苦労する点
原曲再現への拘り!特殊楽器と特 ..
演奏会のネタバレ!(木管目線)
らいぶら隊の視点から〜編曲の趣 ..
らいぶら隊の視点から〜クロノ・ ..
あと1か月!

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

2019年 8月
2018年 6月
2017年10月
2017年 9月
2017年 7月
2016年 8月
2016年 7月
2015年 8月
2015年 7月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2012年 8月
2012年 7月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 4月
2006年 1月
2005年 7月
2005年 1月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月









代弾きでイメージトレーニング
前回のレポートからだいぶ間があいてしまいました。
初めまして、Harpのリンです。

12月9日は、9月の所見大会から2ヶ月間、個人練習やパート練分奏で準備して、久しぶりの合奏でした。
……といっても、私自身は見学だけだったんですが。大型楽器は、毎回は楽器を搬入することが出来ないのが難点です。

余談ですが、リトルに入団した当初は、Harpを合奏に搬入するたび、
もの珍しそうに他パートの団員が興味津々で触りに来てたのですが
最近ではHarpがきても、普段あまり見る機会がない打楽器がきても、誰も動じなくなってしまったのが面白いです(笑)。
これだけの楽器を使えるというのは、リトルの強みですね。いつも搬入搬出に協力いただいてる皆さん、有難うございます!

今回は、我が団が誇る編曲部隊「らいぶら隊」の、聖剣伝説シリーズ譜の試奏でした。
試奏を繰り返して少しずつ曲を完成に近づけていきます。改定○版な楽譜を見ると、
ちゃんとHarpの出番も作ってもらってるので、楽器の無い私の代わりに、リトルのピアニストが代弾きしてくれました。
彼女は自分のパートも弾いて、Harpパートも弾いてと大忙し(汗)!
私は、代弾きのピアノを聴きながらスコアを見て、Harpの音色が入ったらどうなるかなと考えながら
イメージトレーニングしていました。
Harpは休みが多いので、パート譜を見ただけでは全然曲が見えてこないんですね(笑)。
これはちゃんと楽器付きで練習参加する日が楽しみです♪

頑張っているのは「らいぶら隊」だけでも演奏だけでもありません。
次回演奏会を少しでも良いものにしようと、見えないところでたくさんの事務的雑務もこなして、団員一同頑張っています。
その努力を演奏会ですべて出し切れれば幸せです。

……実はずっと内緒にしてましたが、私は前回の演奏会の最後に、とある失敗をしました。
Harpを乗せてる雛壇の後ろ側に、椅子などが落ちないよう安全のための板(?)を張って固定してたのですが、
終演のアナウンス準備のために一人先に舞台袖に引っ込む際、思い切り躓いて、危うく転びかけました。
演奏を終えた余韻に浸って舞台上にいた団員は気づいていなかったかもしれませんが、お客様にはバレていたかもしれません。
そ知らぬ振りして引っ込みましたが、マイクの前でスタンバりつつ、打ち付けた爪先の痛みに涙目になっていました。
本番の舞台って恐ろしいですね!本当に何が起こるか分かりません(笑)。
次回演奏会に向けて最後の最後まで、また頑張って行きたいと思います。
投稿者:リン | 13:13, Wednesday, Jan 02, 2008 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)

??コメント


△ページのトップへ